富士山での歩き方

スポンサードリンク

富士山での歩き方

富士登山をするときは普段生活をしているときと同じ歩き方ではいけません。
富士山に登るときは普通の登り方とは違う歩き方をする必要がありますので必ず覚えておきましょう。

 

富士山を前にしていると気持ちがはやって頂上を早く目指したいと思って早歩きになりがちですが、ゆっくりと歩くことが基本です。
危険な箇所を通る際以外は、常に同じペースを保ってゆっくりと歩くことも忘れないようにしましょう。

 

歩く際の目安ですが、コースタイムが必要です。
いろいろとコースタイムの発表はされていると思いますので、自分の歩くスピードと比べてみて調整をしておくといいでしょう。

 

ですがコースタイムを見て遅いからといって無理やり早歩きをする必要もないのです。
あまり無理をすれば高山病になってしまうこともありますので、常にゆっくりと自分のペースで歩くことも大切です。

 

そして登山では足を大きく上げなければ通ることが出来ないところもありますが、足をあげすぎなくても登れる場所もきっとあるはずですから疲れを出さないためにも、足を上げすぎなくてもいいところを探して歩くといいでしょう。

 

なかなか最初は大変かもしれませんがガイドさんがいるならガイドさんと一緒にそのペースに合わせて歩いていくようにするといいでしょう。


富士の魅力

スポンサードリンク

スポンサードリンク