富士登山の高山病の予防と対策

スポンサードリンク

富士登山の高山病の予防と対策

富士登山をしていると高山病にかかる可能性もあります。

 

高山病予防と対策についてここでは見ていきましょう。

 

高山病は高地で酸素が不足することが原因で起きるとされていますが症状はめまいや吐き気、そして頭痛などです。

 

誰でも発祥するリスクを持ったまま富士登山をしていることになります。

 

高山病にならないための方法はこれはないのですが、なる確率を減らすことは可能です。

 

一度高山病になれば改善することが難しいですから、富士登山の途中で高山病になって後悔しないためにもしっかりと予防と対策をしておいたほうがいいでしょう。

 

もし高山病にかかって治らないようでしたら、富士登山を無理して続けずにリタイヤしたほうがいいでしょう。

 

まずは富士登山口についたら1時間ほどは高度に体にならしてストレッチをしたりしていきましょう。

 

そして登山をしていると大量の水が消費されるので、のどが渇いたら水分を補給しなければ高山病になりますので、しっかりと補給しましょう。

 

そして自分のペースで最後まで登ることです。

 

若い人はハイペースで登ってしまいますが、それが高山病の原因になることもありますので、自分のペースで登ることが予防になります。

 

登山をしているときは深い深呼吸をして適度に休みながらのぼり高山病を気にしないこともひとつの予防法です。

富士の魅力

スポンサードリンク

富士登山の高山病の予防と対策関連ページ

富士登山の装備、持ち物
そして夜間登山ならザックは絶対に必要で防寒具や着替え、行動食などすべてを入れられる30リットルほどのサイズがいいでしょう
富士登山の服装とレインウェア
着替えについては下着は雨でぬれたときのことも考えて絶対にもっていきましょう

スポンサードリンク