富士登山の山小屋について

スポンサードリンク

富士登山の山小屋について

富士登山では山小屋を利用することになりますので、山小屋のチェックも必要ですね。
山小屋はとてもたくさんあり、それぞれのルートにそれぞれ数軒ずつ山小屋があります。
ほとんどの山小屋が週末に利用する場合には週末料金として千円ほど料金アップの設定になっているので料金設定は事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

 

山小屋は宿泊施設としての機能以外にも、休憩をする売店として利用する、トイレとしての機能もあります。

 

宿泊施設といっても簡易で設備はとても簡素です。

 

もちろん個室などなくて相部屋で毛布と寝袋でざこ寝が一般的ですから、宿泊施設とはあまり思わずに仮眠できる場所という認識をしておいたほうがいいかもしれません。

 

山小屋の料金は相部屋で1泊2食付で7500円くらい、素泊まりなら5000円くらいが相場ですが週末は先ほどいったように千円ほどアップすることもあります。

 

夜ご飯はカレーで、朝はおにぎりまたはサンドイッチが定番です。

 

予約しなければいけませんし週末、お盆休みはピークにあたりますので利用を検討している人は早めに予約を入れておいたほうがいいでしょう。

 

八合目の山小屋はかなり予約が集中するのでは早めから入れておくことをお勧めします。


富士の魅力

スポンサードリンク

富士登山の山小屋について関連ページ

山開きと富士登山の時期は?
7月下旬から8月末は夏休みにあたりますがこの時期は富士登山初心者を始め大勢きますので、出来るだけ週末やお盆をはずして平日に登ることをお勧めします
富士登山ルートは?
富士登山のルートは1つではありません。 富士登山のルートは吉田ルート、富士宮ルート、須走ルート、御殿場ルートといった4つのルートがあります
富士登山登頂プランを立てよう
プランは大きく考えるとご来光を頂上で見るか見ないか、この目的によっても違いが出て、4つのプランが一般的なプランです。

スポンサードリンク